インプラント

インプラントとは

インプラントとは

事故や加齢によって成人の歯を一度失うと、二度と元には戻りません。歯は失うことによって、隣の歯へ負担をかけたり、歯並びが悪くなってしまい、食事をおいしく感じられなくなったり、顎が痩せてしまったりと悪影響を及ぼします。
多くは「入れ歯」や「ブリッジ」あるいは「差し歯」で代替治療を行いますが、それらに代わる治療法として開発された新しい治療法が、失ってしまった天然歯の替わりに、人工の歯の根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を装着する「インプラント」治療です。

インプラントは従来の治療法とは違い、健康な歯を削る必要もなく、固定性である為ガタついたりせず、自分の歯と同じように“食べる・話す”ことが出来るようになります。インプラントで自然に近い、より美しい歯を取り戻し、おいしく食事をしましょう!

歯の喪失にお悩みの方、ぜひ一度ご相談ください。

インプラント治療(人工歯根)の仕組み

インプラント治療(人工歯根)の仕組み

失ってしまった自分の歯の代わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。
固定性である為にガタついたりせず、自分の歯のように若々しく力強く噛めるようになります。


 歯を1本失ってしまったら…

失った部分にインプラントを1本埋め込みます。
従来は、健全な両隣の歯を削ってから、ブリッジを用いて治療していました。
しかしインプラントを用いることにより、健全な歯を不必要に傷付けることなく治療を行えるようになります。

 歯を何本か失ってしまったら…

従来は局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いて治療をすることにより入れ歯を固定する為の金具やバネが無い為、見た目が美しく違和感を少なくすることが出来ます。


 歯を全て失ってしまったら…

従来の総入れ歯ではなく、インプラントを用いて治療します。
食べ物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まったり、入れ歯が合わなくなったり、もちろんずれたり浮いたりすることがありません。

インプラント治療の流れ

診査と治療計画
インプラント治療に必要な診査を行い、インプラントの治療が可能かどうかを診断します。その後治療計画を立てます。
フィクスチャー埋入の手術
歯の根に相当する部分、インプラントの部品(フィクスチャー)を手術により顎の骨に埋入する手術を行います。局部麻酔を用いて行いますので安心して手術を受けることが出来ます。
治癒期間
この後、骨とインプラントがしっかり結合されるまでの治癒期間を設けます。(2〜6ヶ月)
※治癒期間は骨の質などにより個人差があります。
※この間、必要に応じて仮の歯を入れることもあります。
アバットメントの結合
人工の歯の支台となるインプラントの部品(=アバットメント)をフィクスチャーに連結します。
※この時、簡単な手術を行う場合もあります。
人工歯の装着
インプラントを含めたお口の中全体の印象採得(=型をとること)を行います。その型に従い人工の歯を作製します。その後、アバットメントの上に人工歯を装着して完成です。
メンテナンス
インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせる為には、適切なホームケアと定期検診が不可欠です。先生の指導に従い、正しい歯磨きを心がけてください。また、半年に一度、定期検診を受けインプラントの状態を先生に診てもらうようにしてください。

失った歯を取り戻す為に

大切な自分の歯を失って、治療の選択肢の一つとして、インプラント治療を受ける方が増えてきました。
インプラント治療は、自分の歯に近い感覚でよく噛むことが出来、そのうえ、あなたの口元を自然に美しくすることが出来ます。
しかし、インプラント治療は、誰でも出来るわけではありません。
患者様の健康状態や顎の状態などによって決まってきます。また、長い間にわたってインプラントの機能を維持する為に、確実なブラッシングと定期検診が必要です。
詳しくは当院にご相談ください。